腎臓病が高血圧や他の病気につながる|食事での改善方法

新鮮な食材を選ぶ

ウーマン

高血圧は現代人に多く、放っておくと大きな病気を引き起こしてしまうので治療が必要です。特に、食事療法が効果的と言われていて、減塩を徹底することで高血圧を改善することが可能です。

もっと見る

タンパク質の制限

食べる女性

臓器の中でも重要な役割を持つ腎臓が悪くなると腎臓病を患ってしまいます。この病気に罹ると病院通いをすることになるので注意しましょう。そのため、未然に防ぐためにも食事で改善していきましょう。

もっと見る

腎臓をいたわる

和食

腎臓は、生命を維持するのに非常に重要な働きを担っている臓器です。腎臓の働きの中で最もよく知られているのが、老廃物の排出です。筋肉を動かしたり呼吸をしたりといった何らかの形でエネルギーを消費する活動を行うと、体内には「燃えかす」としての老廃物が生まれます。腎臓は血液をろ過することでこの不要物質を取り去り、尿などと一緒に体外に排出します。腎臓病を発症してこの働きが低下すると、老廃物が身体の中に溜まってしまい高血圧をはじめとするさまざまな病気の原因となります。働きの弱まった腎臓をいたわるには、エネルギー源すなわち食事に一定の制限を加えることが重要です。そのため腎臓病患者には食事制限が欠かせないものとなります。最近では腎臓病食を提供する宅配業者なども登場しており、手軽に高血圧予防に利用できるとして人気を集めています。

腎臓病患者の食事でまず気を付けることは、タンパク質の摂取制限です。タンパク質は身体を動かす際の基本的なエネルギー源の1つですが、消費されると尿素窒素など腎臓からしか排出できない老廃物を生み出します。そのため、低タンパクの食事を心がけることが重要になります。ただ、エネルギー源の絶対量が不足してしまうと体内にパワーが生まれず、やはり健康を損ねる結果になります。そこで糖質や脂質などのタンパク質以外のエネルギー源はしっかり摂るようにします。また、腎臓にはナトリウムなどの電解質のバランスを取る働きもあるのですが、腎臓病になるとこの機能も低下して高血圧を招いてしまいます。そのため高血圧を予防するには塩化ナトリウムすなわち塩分を摂り過ぎないよう注意する必要もあります。

緑黄色野菜食べて血圧改善

夫妻

多くの方が悩む血圧は食事で下げることが出来ます。特に、野菜には血圧を下げる食材が多いので調べて摂取するようにしましょう。また、同時に有酸素運動を取り入れれば相乗効果を発揮します。

もっと見る